2007年12月31日

20071231

さて、今日で2007年は終わりです。明日からは2008年。そしてB'zの20周年記念ツアーが始まりますね!本当年が明けた一月からツアースタートです。あっという間ですね。

ところで数日前のミュージックステーションスペシャル、録画で見ましたが、稲葉さんかなり苦しそうでしたね。途中喉が詰まったような声になって非常にヒヤヒヤしながら見ておりました。

B'zの時って何故かこっちまで緊張して見てしまうんですよね。椅子が無かったら間違いなく正座して見るという感じです。ファンになって結
構な年月になりますが、これだけは変わらないなぁ〜…でもそれがファンのファンたる所以と言えばそうかもしれないですね。

来年のツアーのサポートメンバーも発表されましたね。基本的には入れ替えは無いですが、ベースは久しぶりにバリーさんが担当するみたいですね。確かシェーンさんとはMSGだったと思うのですが、同じ時期に名を連ねていた事があったと記憶しています。BIG MACHINEツアー以来のタッグ、期待したいですね。

合わせて、なんばHacthで行われたプレミアムライブのDVDが発売されるらしいですが、これは正直?な所ですね。これのクリップ有料でダウンロード販売していませんでしたっけ?しかも選曲はMONSTERツアーと変わらず。単体で発売する強みが無い様に思えるのは僕だけでしょうか。恐らく購入するとは思いますが、よっぽど懐事情がよろしくないのでしょうか。色々、心配です。

まあ、とにもかくにも来年は記念すべき一年です。このブログも精一杯、B'zを応援していきたいと思います。

2008年はまさしくACTION、「行動の年」にしていきたいと思います。純情ACTIONの歌詞、本当心に響きました。

僕も自分の可能性を信じてACTIONを起こして行きたい、そう思います。来年もどうぞよろしく。


posted by dai at 20:03| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月01日

師走、そしてACTION。

ついに今年も後一ヶ月を残すのみとなりましたね。本当に今年一年も思い起こせばあっという間でした。そこここにお中元が配られ、ああもう夏なんだなと思いきや、早くも周りにはお歳暮の文字。

まったくもって日本人というものは熱しやすく冷めやすいものだ!けしからん!などと一人で変な憤りを感じたり感じなかったりしないでもなかったのですが、それだけ時間が経っていた訳でして。

恐らくは世に出る大人の99.9%の方は、幼少の時分と比べて凄まじく時間の流れが早くなったなあと感じておられる事と思います。そして実際両者の時間の流れは違うらしいですね。学生の頃でしたか、「象の時間ネズミの時間」というタイトルだったと思いますが、そういう本を一度手にとったことがあります。まさに上述のことについて書かれている本です。残念ながら本当に手にとった程度ですので、深く読み込んではいないのですが、興味ある方は是非検索されてみてはいかがでしょうか。

そんな時間の流れの中にあって、B'zのお二人はそれに流される事無く、ひたすら音楽活動に勤しんでおられたみたいですね。来週には早くもニューアルバム「ACTION」が発売されますね。公式サイトでは全曲の視聴が出来ますが、視聴した限り随分と音楽の幅が広いと言える作品になりそうです。あいかわらずなボクらみたいなほのぼのとした曲調のものもありましたしね。

個人的には一曲目の純情ACIOTNが非常に気に入りました。この際フルコーラス聴かなくても良いかもしれないです。いややっぱり聴きたいです。それくらい良いです。所々7弦ギターの音なのか、気持ちの良い低音がたまらないですね。

そして今現在はこのACTIONのキャンペーン中ということでラジオ番組にとにかく出ずっぱりですね。ここ北海道では週明けの4日(火)から順次ラジオでB'zのお二人の近況を聞くことができそうです。

来年のツアーのチケットも無事取れましたし、じっくりとアルバムを聞き込んでいきたいと思います。
posted by dai at 21:26| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月27日

Appleとアルミニウム。

先日、札幌に行く機会がありまして、lヨドバシにて逆転裁判3を購入してきましたよ。おまけとして今までの1〜4の代表キャラとなるほど君との2ショットがイラストされたDSジャケットが付いてきました。

それから棚の所には合わせて「オフィシャルコンプリートガイド」なる冊子も陳列されておりました。帯を見ると攻略本みたいな感じなんですが、これ、ゲームをやる前に読んで大丈夫な内容なんでしょうか。

個人的には何の力も借りず、ゲームを一通り楽しんでみたいものでして、その後であれば別に見ても問題ないとは思うのですが・・・。まあ、だったら買うなよ、という話なんですが、買ってしまいまして(笑)どうしようかな〜エピソード一つ攻略してから一つずつ、解禁して行きましょうかね。プレイ後の感想は一通りクリアしてからにしたいと思います。来月中には投稿出来るかと。

さて、ヨドバシにいったからには当然macも見に行った訳です。だったら近くにApple Storeがあるという話なんですが、今回はたまたま札幌駅周辺に用があったので、行くのはやめました。僕も結構な物臭ですね。

僕が今使用しているimacに乗り換えてから大体4ヶ月程経つのですが、新しいimacがつい最近発表されましたね。基本的な形は変わらないのですが、全体的に参加アルミニウム処理が施されており、メタリックな感じが印象的になっております。また、17インチモデルは無くなり、20と24インチモデルの2ラインアップになりました。

スペックも良くなりまして、Core2Duoは勿論スペックアップしたものを搭載(2.4GHzと2.8GHz。実は2.0GHzモデルもあります)、グラフィックカードは最上位機種もATIになりました。しかもHD Radeonという事でこれ、最新モデルかと思うのですが…。そしてこれでお値段は今までのimacと同じくらいですから、正直うらやましい限りです。

実機を見た限り、今のやつとそれほど性能は大差無い様に見えますが…やっぱり何をやるにも早いんでしょうね。ちなみに液晶は随分テカテカしていました。後アップルマークが黒!でしたね。ちょっと、カッコイイ。

そしてそして、キーボードも随分変わっておりましたよ。まず第一に薄い!良くコンパクトキーボードなどが売られていますけど、あれと同じか、それよりも薄いです。ここにも酸化アルミニウムによる処理が行われていて、これがまた本体と相まっていささかクール。

ちょっとパチパチやってきましたが、キータッチは薄いのもあるんでしょうが、キーボタン自体の作りが大きいんでしょうね。あまり反動がありません。タッチ音も恐らくほとんど出てないんでしょうね。好き嫌いが分かれそうな感じです。僕はサイトで見た時からいいなあと思っていたのですが、昨日触ってみて普通に欲しいと思えました。iLife'08も発売されたので、来月当たりまとめてポチろうかと思っています。

ちなみにこのキーボード、CapsLockが左下じゃなくてスペースキー右側に配置されておりました。これはちょっと驚きました。何故移動したのでしょうかね。US版は位置変わってないみたいなんですが…。

今回のmacでは酸化アルミニウムによる皮膜処理が随分と重用されているみたいですね。キーボードもそうでしたが、良い所に目を付けたなぁと思いますよ。こういった所、Appleって感じがしますよ。10月にはLeopardも登場しますし、何かと楽しみです。
ラベル:Mac
posted by dai at 23:53| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月23日

逆転裁判3 Best Price!発売!

すでに二週間ほど前になりますが、我等がB'zのサマソニ出演、大成功だったみたいですね。やっぱりB'zはライブに尽きる、といった事を正にライブで証明した形になった様ですね。

セットリストはなかなか攻撃的な(笑)感じに組まれておりましたが、個人的にはLove is DeadかMOTELをやって欲しかったかなぁと思います。北米ライブのあれは本当に言葉が出ないくらい凄いものでしたね。

さてさて、今日は8/23(木)。いやぁ、ついにこの日がやって参りましたね。逆転裁判3、ニンテンドーDSで開廷です。さかのぼる事十ヶ月ほど、となりますでしょうか。週末の家電量販店巡りで幸運にもDS liteをゲットし、それからしばらくは様々なソフトで遊んでいた訳ですが、そこで出会ったのがこの「逆転裁判」シリーズ。

どこかのレビューサイトでDSを持っているなら是非プレイすべき!との
書き込みを見つけ、興味本位で買ってみたのが始まりでした。

蘇る逆転を終え、すぐに逆転裁判2を購入。そして去る四月には最新作である逆転裁判4をプレイ。いずれも無事クリア致しまして、後はこの3を残すのみとなった訳ですね。

そして今日、待ちに待った発売日となりました。勿論僕は当然の如く予約済み…っていう訳でもなくて(笑)週末までちょっとお預けという状況です。

カプコンの公式ページを見ると、何故かこの3だけ紹介が物足りない
感じが致しましてずっとやきもきしていたのですが、ようやくそのモヤモヤを晴らす事が出来そうです。プレイ後の感想、ばっちり書くつもりですのでよろしくです。ネットラジオでやるのも面白そうですね。

最近はあれですか、peercastだとか、動画も配信できる環境が整いつつあるんですね。僕も最近少し触り始めましたのでこれを機に何か配信するのもアリかも知れないですね。

ちなみに先着特典として、歴代キャラクターが描かれたオリジナル4面ジャケットがプレゼントされるとの事。これは…ほしい…。
posted by dai at 23:08| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月24日

神宮寺三郎で真夏の探偵気分。

うん、暑くなってきましたね。以前、東北の一地方に住んでいたので
それなりに暑さには耐性が付いたものと思っていましたが、やはり暑いものは暑い訳でして・・・。

結構前に「涼を求めて」なんて記事を書きまして、そこでUSB扇風機について書いたのですが、季節がてら久しぶりに関連記事などを書く日が来るのかも知れません。一応それ用にネタもありますし。

さて、今日もDSのソフトの話題を。ほぼ一週間前になりますが、去る7/19(木)に一本のDSソフトが発売されました。タイトルは「探偵神宮寺三郎DS いにしえの記憶」。タイトルからも分かるとおり、バリバリの推理モノです。

この神宮寺との出会いは今をさかのぼること十五年、でしょうか。当時小学生だった僕は、従兄弟の部屋に上がりこんで、当時全盛だったディスクシステムをそれはもうしゃかりきにプレイしていたわけです。

今でもおぼろげに覚えているのですが、雨の村雨城?でしたか、それをプレイし終えた後、ちょっと不思議な雰囲気のソフトがあった訳です。で、早速プレイ。そのソフトこそが当時ディスクシステムで発売されていた「探偵 神宮寺三郎」だったのです。

事件が起こり、颯爽と登場する主人公、神宮寺。そして次々に展開される推理の数々。作品の持つアダルトかつハードボイルドな雰囲気。
小学生の私には大変新鮮なものでして、一気にのめり込んでプレイしたのを覚えています。

恐らく当時プレイしていたのは「危険な二人」
の前編だったのでしょうかね。最後にバイクを追いかけるところ、そこで僕の記憶は終わっています。ですが、神宮寺三郎という名前は
強烈に頭に刻み込まれました。

その後も神宮寺シリーズは色んなハードで発売されてきましたが、何故か僕は購入に走らなかったんですね。実はPS2でも発売されているんですよね。ちなみに現在は携帯アプリ向けに開発が行われている様でして、何回かiアプリ版をダウンロードしたことはあります。

そして今回、DSで発売される、という情報をゲットしまして早速予約注文を致しました。今現在プレイ中です。内容的には過去の作品が
中心で、DS向け新作が一本で構成されている感じです。そのため、旧来からのファンの方には少々不満の声もあるやも知れませんが、僕としては大変オトクな感じです。

先日、「危険な二人」をプレイし終わりましたが、途中の緊迫した場面で流れるBGM、これを聞いた時に十数年前の記憶が一気に蘇ってきましたよ。この音楽だけは覚えてます。当時鳥肌が立った記憶がありますよ。本当画面に釘付けになってましたねぇ・・・。

秋の夜長、にはまだ早いですがそちらの座は逆転裁判3に譲るとしまして、この夏は神宮寺に再びハマってみようと思っとります。真実はいつも一つ!

推理モノが好きな方はプレイして損はないと思いますよ。是非!公式サイトはこちら
posted by dai at 23:56| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月18日

コーラを飲んで一曲ダウンロード!

段々夏らしくなって来ましたね。僕の住んでいる所はほぼ毎日曇りか雨という天気が続いておりまして、晴天というものをここしばらく体験していなかったのですが、昨日は本当良い天気になりました。流石に太陽が出ますと暑くなりますね。7月というのを強く感じます。

この季節、ぴったりなのがコカ・コーラですね。いや、僕は別にコカコーラの回し者ではないのですが、最近はコーラにはまっております。厳密に言いますと、こちらのコカ・コーラ・ゼロなんですが。

で、何故コーラにはまってるのかという事なんですが、答えは簡単。キャンペーンが始まったからなんですね。その名もCoke+iTUnes。昨日から始まったこのキャンペーン、何とiTunesから無料で曲をダウンロードできるコードがゲットできるらしいんです。

自動販売機だとかコンビニでコーラを買いますと側面部に黄色いシールが貼ってあるはずです。それをめくり、裏を見ますと14桁の数字が印刷されております。それをキャンペーンサイトにて入力すると抽選が始まり、当選しますとiTunesから一曲ダウンロード出来るソングコードがプレゼントされます。

つい先日、たまたまコーラを買ったときにシールが付いておりまして、何かな〜と思いまして、それからちょくちょくシールをコレクトしていたのですが、ついにそれを使う時がやって参りました。缶にはキャンペーン内容が書かれていたのですが、肝心のコカコーラのサイトには何にも情報が載っていなかったんですね。先日アクセスしましたらキャンペーンサイトが開設されておりました。

という訳で早速チャレンジ。10回ほど挑戦しまして、2回、当たりました。で、ダウンロードしたのが今年9月1日(土)公開の映画「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」の予告編映像で流れている宇多田ヒカル版「Fly me to the moon」。より高音質なiTunes Plusの方でゲットしました。普通にダウンロードしますと270円になりますから、これはなかなかお得。もう一曲は現在保留中。少しシール集めに走ってからクレジットを貯めていこうかなと思っています。

キャンペーンサイトによると、毎日25000曲が当たるらしいですが、実感としてはそれよりも当たりやすい感じがします。これは良いキャンペーンですね。iTunesの知名度がグッと上がってくれればいいですね。evaについては後日また色々書きたいと思います。
posted by dai at 19:57| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月04日

クラブニンテンドー・・・。

今日は七月四日。アメリカでは独立記念日ですね。以前にもちらっと書いたのですが、これをモチーフにした映画がありまして、名を「インデペンデンス・デイ」と言うのですが、それの英語表記が「ID4」なんですね。

個人的にはこれがどうも解せないなぁなんて事をちらっと書いた記憶があります。恐らく二年くらい前の事ですけどね。この時期になるといつもこの映画を思い出してしまいます。最後の大統領の演説は本当、シビれますね。

さて、今日はDSにちなみ、クラブニンテンドーのお話です。最近、いよいよ気になってきているんです。DSのソフトを買いますと、大体パッケージの一番下に黄色い紙が付いてきますよね。よく見ると「クラブニンテンドーに入ってオリジナルグッズGET!」なんて書いてあってシリアルナンバーが印刷されているんですね。

これ、前々から気になっていたんです。で、先ほどたまたまこのクラブニンテンドーのサイトにアクセスしまして、色々概要等を見ていたんです。これ、なかなか良いですね。

簡単に言いますと、DSとかのソフトに付いている黄色い紙、ここに印刷されているシリアルナンバーを打ち込むとポイントが加算されます。そしてこのポイントとオリジナルグッズを交換出来るっていう事なんです。で、結構このオリジナルグッズが良い。

例えば400ポイントでクラブニンテンドー花札がもらえます。実際にプレイするのは置いておいてもこれは欲しい・・・。その他、任天堂ゲームのオリジナルサントラなんかもございます。う〜ん・・・魅力的。

何だかんだ言いまして、DSソフトが20本程ありますので、少しポイントを貯めてみたいと思います。ちなみにポイントの対象となる商品は、DSソフトはもちろんの事、WiiやDS本体なども含まれるという事です。詳細は↓でどうぞ!

クラブニンテンドー
posted by dai at 23:46| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月28日

DSでキンをゲットしよう!

引き続き、先日購入したDSソフトについて書いてみたいと思います。今日ご紹介するのは「くりきん ナノアイランドストーリー」というソフトです。こちらは面白いですよ!というお話を聞きまして購入してみる事にしました。

で、このゲームは一体どういうゲームなのかと申しますと、ポケットモンスターに近いものを連想してもらえれば分かりやすいと思います。こちらはポケモンでしたが、くりきんでは「キン」を集める事がメインなんですね。

ではその「キン」とは何ぞや?という事になる訳ですが、ゲームの舞台となるナノアイランドに生息する、不思議な力を持つ生物達なんだそうです。いわゆる細菌とかそういった類のものみたいですよ。ポケモンがマクロなのに対してこちらは厳然たるミクロ、そんな感じです。しかし取り扱うのは細菌なものですから、ゲームの都合上、ビジュアル的に受けるのか?といった疑問も出るかと思います。勿論そこは心配ご無用。ゲームですので可愛くデザインされております。ちょっと駄洒落っぽい名前も良い感じです。

キンのゲットも実にユニーク。実際にプレイして面白かったのはここの所でしたね。プレイヤーにはNDS(Nano-Data-Sampler)と呼ばれるニンテンドーDSそっくりな端末が渡され(明らかに狙ってますね)、そこにキンを保管し、管理する事になります。そしてキンのゲットですが、スポイトと呼ばれる(実際スポイトなんですが・・・)採取器具を用いまして、画面をタッチ。するとシャーレが表示されましてキンの「培養」が始まります(笑)

培養に成功するとキンが現れ、採取成功!ここらへんは実際に微生物を培養する時のプロセスと一緒なんですね。これは面白いですね〜。実際現実世界で少々こういった事の経験がある者から見ても凄く興味深くて面白いと思いますよ。

本当はドラフト(排気機能付実験台って感じです)内で器具なんか全部滅菌してから試験管とかシャーレに菌を塗って、振とうして培養するのですが(そうしないとコンタミネーション(他の菌も一緒に培養されてしまう事とここでは解釈をば)が起こってしまいます)、そこまで再現してもしょうがないですし。そこは別なゲームでそういうのをやってもいいかとは思いますけどね。

で、キンをゲットしたらやる事は当然バトル!このバトル方法もユニークなものでして、何とシャーレ上でバトルするんですよ(笑)いかにもキンって感じですよね。勿論DSと言えばタッチペン!プレイヤーはシャーレ上のキンをタッチペンで囲み、行きたい方向にペンを動かします。するとキンがその方向に向かって動き出します!そして相手のキンに触れると自動的にバトル開始。

勝敗は相手のキンが全滅するか、時間内に残っているキンの数で決定します。ちなみに制限時間は大体1分間。かなり短いです。しかし、ほとんどのバトルがその時間で決着する様になっていますので、むしろどういう風にキンを動かすのかが重要になってきます。そういう意味ではリアルタイムストラテジー(RTS)といっても全く問題ないでしょうね。タッチペンの操作とも親和性が非常に高いと思います。やってて全く違和感がないというか、タッチペンじゃないと無理っていうか。

さて、一番大事な事を書き忘れましたが、このゲームはRPGです。ストーリーモードを一通りこなしていく事になりますが、ストーリーは章立てになっておりまして、全部で24章あるそうです。その間にどれだけキンを集められるかというのも面白い所ですね。

ちなみに10章から通信モードが使用可能になりまして、別のプレイヤーとも対戦が出来る様になります。その他、「すれちがい感染」というのも出来る様になります。僕、説明書読んでいて思わず吹き出してしまいましたよ。いわゆるすれちがい通信の事なんですが、こういった記述にスタッフの遊び心というか、そんなものを感じました。こういうディテールって、大事なんですよね。

このすれちがい感染ですが、その名の通り、街を歩いてお家に帰るとシャーレにキンがいるという、そんなモードです。いかにもキンって感じでユニークですね。良いアイデアだと思いますよ。

今現在、10章まで進みましたが、キンの種類も増えて来て、大分面白くなってきました。通信モードも解禁されたので、ちょっとやってみようかなと思っています。ちなみにプレイヤーにはそれぞれ「コユウキン」と呼ばれる自分だけのキンが設定されていて、ゲームの最初に入力する情報で決まるのだそうです。僕は「クルリバーシ」でした。色々なサイトなど見ますともう一つコユウキンを持つ事が出来るらしいですね。二つ目のコユウキン、楽しみです。

このゲーム、開発は任天堂さんによるものらしいのですが、ハードだけではなく、ソフトも本当良いものを作られますね。対象は恐らく小学生がメインなのでしょうが、僕みたいな大きなお友達も楽しめるゲームになっていると思いますよ。惜しむらくはwi-fiに対応していない事でしょうか。ポスト・ポケモンという事をにらんだ上での考えでしょうかね。今後に期待したい所です。

という訳で今回同時購入したDSソフトはこれで全部です。全部当たりでした。是非皆さんもプレイしてみてください。
posted by dai at 19:40| ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月25日

DSで超執刀!

応援団、面白すぎですね。ヒットマーカーをタイミング良く叩ける気持ち良さといったらそりゃあもう・・・難しくて応援失敗しても何故かもう一度応援してしまうという変な中毒性があります。

今日はようやく1のラストステージ、華麗に応援でクリアしました。そして2のラストステージも団長でクリアしました。ようやくチアガールが登場したのですが、何かマーカーがエラい小さい・・・長い闘いになりそうです・・・。

今日は先日応援団2と同時購入したソフトについて書きたいと思います。前々から目を付けていたのですが、遂に購入してしまいました。女神転生でおなじみのアトラスさんから出ている「超執刀カドゥケウス」というソフトです。で、内容はどんなものかというと、公式ページ曰く「SF外科手術アクション」だそうです。


その名の通り、内容は外科医を主人公にして患者さんをバリバリ手術していくという非常に分かりやすいものとなっております。ただ、「SF」と付いているのには必然的な理由がありまして、舞台は近未来(2018年)、そしてそこで起こる医療テロに立ち向かって行くというストーリーになっているんですね。

その医療テロが本当SFという感じでして、体内に「ギルス」と呼ばれる寄生虫みたいなモノが放たれる訳です。中にはサメみたいなモノもいまして、そいつらが次々と体内を傷つけて行くんです。そして主人公はそれを手術で取り除く感じなんですね。

色んなレビューサイトなどを見ますと結構良い評価が付いておりまして、いつ購入するか考えていたのですが今年の四月にベスト版が発売されたとの報を受け、行動に移しました。

で、早速プレイしてみたのですが、雰囲気がやっぱりアトラスっていう感じです。言葉では説明し難いですけど。下画面にマップが出るのですが、その作りがいかにもメガテンっぽくて見た瞬間顔がニヤけてしまいましたよ。

基本的にストーリーはさくさく進みます。章立てになっておりまして、今現在第5章で頓挫中です(笑)

といいますのも、肝心の手術パート、かなり難易度が高いです。タッチペンで手術道具を選び、それを患部に当ててペンを動かす事で手術が行われるのですが、常に患者さんの体力(バイタル)と制限時間との勝負になります。

手際良くならないとすぐにバイタルが0になり、手術を代われ!と言われてゲームオーバーになってしまいます。序盤の章はチュートリアルみたいなものでして実演しながら基本を学んで行くのですが、正直な所、すでにその段階で随分ゲームオーバーになりましたよ・・・。手術が終わるとランク付けが終わるのですが、いつまでたっても私、新米医師から抜け出せません・・・orz

ちなみに難易度については開発者のコラムなどを見ますと、あえて高めに設定してあるらしいです。

話が進むといよいよギルスとの勝負になるのですが、いかにこの基本を手早く出来るかが勝負のカギになっていくと思います。っていうか10分で5人を執刀するのは無理に近い気がします・・・。

一応主人公にも必殺技みたいなのがあって、画面上で星を描くと「超執刀」というモードに入り、画面がスローモーションみたいな状態になります。使用出来るのはその手術中、一回だけなのですが、正直あまり有り難みが無いような気も無きにしもあらず・・・。

振り返ってみますとあまり面白味が無いゲームの様に思えますが、個人的にはかなりのヒットです。本当手際良く手術出来たら脳から色んなもの出まくりでしょうね。やり込み要素は多分に盛り込まれている様に思います。結構好みが分かれるゲームだとは思いますが。ちなみにメインとなる手術画面ですが、それほどリアルには描写されておりませんので、その手のものが苦手な方もあまり臆する事無くプレイ出来るものと思います。

さらにちなみにWiiでも同名タイトルでソフト、出ております。「カドゥケウスZ 二つの超執刀」というタイトルで去年の年末に発売されております。

内容は基本的にDSと同じみたいですが、キャラクターも追加されておりまして、Wii用にカスタマイズされている所もあるみたいですね。Wiiをお持ちの方は是非チェックしてみてください。

ところでWii版はキャラクターこそDS版と同じですが、絵師の方が違いますね。Wiiの方はメガテンでお馴染みのあの方によるものでしょうか。個人的にはこれだけで買いの方にかなり傾いてしまう訳ですが。。。
posted by dai at 23:51| ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月23日

EBAとネコと応援団!

今日も引き続き応援団2のお話です。この他にも同時購入したDSソフトについて語りたいのですが、とりあえずこちらを優先します(笑)

先日公式サイトにて壁紙収集をしていたのですが、新しいお知らせが追加されておりました。何と最寄りのDSステーションで追加キャラクターが配信されるとの事!

この追加キャラクターは各ステージをはじめ、「みんなで対戦」で使用する事が出来るという事です。そして追加されるキャラクターは、「Elite Beat Agents(EBA)」に登場したエージェントネコ(応援団1の「極めろ!おのれのラーメン道!」で登場するネコ)という事です。

で、このEBAなんですが初めて知った方もおられると思いますので簡単に解説をしたいと思います。一言で言いますと「海外版の応援団」です。

2006年の11月6日に北米で発売されております。そのまま応援団が登場するかと思いきや、中身はまるっきり変わっておりまして、収録曲は全て洋楽、登場するキャラもエージェントと呼ばれるキャラクターになっております。

僕も一度プレイしてみたいのですが、何せ日本では発売されていないものでして、現状維持のままです。ただ、購入方法などが色々な所に示されていますので、興味のある方はブログ等を検索されてみる事をお勧めします。

そして、気になる配信開始日ですが6/28(木)からという事です。ただし、7/11(水)までの期間限定配信となりますのでご注意ください。最寄りのDSステーションについてはこちらからどうぞ。

このDSステーション、僕の所ですと近くのヤマダ電機に設置されている様です。たまたま用事がありまして今日そのヤマダに行って来たのですが、意外と簡単に接続出来ました。試しに「数陣タイセン」の体験版をダウンロードして来ました。DS本体の電源を切ってしまうと体験版のデータも消えてしまうらしく、本当に体験版といった感じなのですが、なかなか面白い内容でしたよ。

ここで注意点が一つ。キャラクターを追加するためには応援団2のカートリッジが必要になるということです。なのでDS本体だけを持って行くと無駄足になってしまいますのでお気を付けを。

う〜ん・・・28日。現在団長でラストステージ挑戦中です。チアガールまで行けるかな・・・。

posted by dai at 19:43| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月18日

DSで華麗に応援!

先月末の投稿でニンテンドーDSソフト「燃えろ!熱血リズム魂 押忍!闘え!応援団2l」についてちらっと書いたのですが、先日Amazonさんから発送メールが届きましてほどなく品物が我が家にやって来ました。ステータス表示は依然1〜2週間待ちだったのですが、運が良かったのでしょうか。今は在庫ありになっていますね。

最近は一ヶ月に一回ほどAmazonさんからゲームソフトなんかをまとめ買いしておりますが、応援団2と合わせて数本購入しました。これらについても後日簡単にレビューを書きたいと思います。それとドリーム・シアターの最新作も購入しました。システマティック・ケイオスなんていうタイトルで全然矛盾してるじゃん!っていう突っ込みは無しなんですがじっくり聞き込みたいと思います。

しかしこのバンドは演奏がとにかく凄いですね。ギターもしかり、ベースもしかり、キーボードもしかり、ドラムもいわずもがな。それでいて一曲の時間も長い。10分台の曲が普通に入っているんです。クラシックなら分からないでもないですが、長い曲を普通に聞かせられるってのはなかなか出来ない事だと思いますよ。

ちなみに個人的には「Train Of Thought」っていうアルバムが結構好きです。3曲目の途中のリフが印象的ですね。ペトルーシくらいギターを弾きまくれる様になると周りの世界ってのが全く変わるんだろうなぁという思いを抱きつつ、毎日ギター練習に勤しむ日々であります。そういえばこの前のお買い物ではMaroon5とリンキンパークの新作を買いましたっけ・・・。もう少し聞き込まないとな・・・。

さ、そして応援団2ですが、その前に応援団1について少し触れておきたいと思います。2が到着するまでゲームに慣れておこうと思いましてやっておりましたが、現在は団長のさらに上、チアガール(華麗に応援)モードまで進みました。

最終ステージのロックが解除される一歩前まで来たんですが、上海ハニー、判定厳しいですねぇ・・・。気合いゲージの減り方が半端じゃないです。必然的にこの辺りまで来ると100連とか200連を普通に出せないとステージクリア出来ない仕様になっているんですね。でもこれが決まると脳内興奮物質がとめどなく溢れてくるのを体感する事が出来ます。本当中毒性高いですね。

てな訳で1はとりあえず中断して早速2にとりかかる事にしました。最初のオープニング画面はほとんど1と同じ。曲も同じでした(笑)オプション関係は充実しましたね。一番大きいのがプレイデータを保存出来る様になった事でしょうね。20件まで保存出来るそうです。

それから取説には書いてないのですが、新キャラが登場します。ソフトのパッケージには描かれているんですが(笑)いつもの応援団は、実は夕日町応援団という設定でして、川を挟んだ向こう側、こちらは朝日町というらしいのですが、ここの応援団が新キャラになります。

勿論新入団員、リーダー、団長が存在します。まだ出してはいないんですが、チアガールも存在するでしょうね。最初のステージをクリアすると朝日町応援団が登場し、今後は彼らも操作しながら応援して行く事になります。

実際にプレイしてみての感想ですが、相変わらず面白いですね。メイン画面の内容は1と全く同じですので前作をプレイ済みであれば違和感無くマーカーをタッチしていけるはずです。今回もラストはかなり壮大な感じになっていますね。

ただ、今回はちょっと曲の選曲が微妙な感じがします。上手く乗り切れないというか。僕の感性が悪いのかも知れませんが、非常にタイミングを取りにくい曲が何曲かありました。ちょっと悪い言い方をすれば明らかに譜面が曲とマッチしないんですね。そういった点もそうですが、ストーリ−的にも前作と比べるとインパクトがそれほどないかなぁと思います。勿論高い水準は維持していると思います。

スタッフの中に特定のアーティスト(矢井田 瞳、気志團、ラルク(hyde))にかなり思い入れがある方がいらっしゃるのか分かりませんが、どうもバラエティに富んだ選曲という訳でもなく、若干偏った印象を受けます。別に偏ってもかまわないのですが、譜面を曲とマッチ出来る様に作ってもらえたらと思います。

後新キャラですが、結局見た感じが変わっただけの気がします。せっかく新キャラを出したのですから夕日町応援団とはっきりと区別出来るような応援の仕方を見せてほしいなと思います。もし3が出るのでしたら是非この点、御一考頂きたく思います。

そして現在ですが、団長モードに入りまして、いよいよこれから譜面が激ムズになっていくんだなと云う事をひしひしと感じております。田中と一本気は前作でチアガールを経験済みな所為でしょうか、全て初聴でクリア出来てしまったんですよ。というか、果敢までは随分難易度の調整が行われているっぽいですね。前作では私一本気から失敗の連続でしたから。自分のレベルが上がったのか、ゲームが簡単になったのかは判定に悩む所です。

まあ色々な事を書きましたが、やはりこのゲームは面白いです。前作と同様、DSを持っていたら買っとけ!と断言出来るゲームだと思いますよ。ちなみに条件を満たすとボーナスステージが登場するみたいですね。急に出て来たのでビックリしましたよ(笑)とにかく買ってプレイしてみましょう。おすすめ出来る一本です。Amazon、今だと在庫ありですよ。

ちなみに今回応援団2の購入に合わせてタッチペンも買ってしまいました(笑)ゲームショップのアクセサリーコーナーにタッチペンが陳列されているのをご覧になった方も多いと思います。正直本体に付いてるからいいじゃない。誰が買うのよ、なんて思っていましたが、ここにいましたよ(笑)

これが応援団2と合わせて購入したタッチペンです。モリガングという所から販売されておりまして、任天堂のライセンスを受けております。

このペンの良い所は何かと言いますと、伸びるんです。良く学校とかで先生が黒板を指すのに使う指示棒、ありますよね。あれのタッチペンバージョンみたいな感じです。多段伸縮式では無く、一度伸ばすとそれっきりなんですが、これだけで操作感が全く違いますよ!

付属ペンだと自分の手で視界が遮られる事が多く、マーカーの消失が高速なチアガールモードではそれが致命的になります。上海ハニーでつまずきっぱなしですので、これを買ってみたと言う訳です。達人は筆を選びませんが、わたしは凡人なので(笑)そこはご愛嬌です。

で、2からはずっとこのペンでプレイしておりましたが、もしかして団長まですんなり行けたのはこのペンのお陰ではないかと感じつつあります。とにかく応援団をされる方はペンにもこだわってみるといいのではないでしょうか。きっと道が開ける事でしょう。

久しぶりの更新ですので結構な長文になってしまいました。ここまでお読み頂き、ただただ感謝。
posted by dai at 19:51| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月04日

逆転裁判3、DSで発売決定!

6月になりまして最初の更新です。ここの所、随分と夜更かしが続いておりまして生活サイクルが昼夜逆転しておりましたが、それがまた大分進行したみたいでして一回りしつつあります。これでまた健康的な生活に戻れるのでしょうか・・・。

さて今日は少々遅れてしまいましたが、逆転裁判に関するお知らせを。すでに最新作の逆転裁判4が発売されて二ヶ月の月日が経とうとしております。ソフトを購入された方の大多数が全エピソードをクリアされた事と思います。

出来に関しては色々賛否両論もあると思いますし、僕自身の感想もこのブログで述べたので特に言及する事はございません。強いて言えばこのシリーズはDSから入った身ですから、4の前に何とか3を出してほしかったなぁというくらいです。

そうしましたら、何と正式に逆転裁判3のDSでの発売が決定してしまいました!すでに公式サイトも出来上がっておりまして、後は発売を待つのみとなります。気になる発売日は8/23(木)。Best Price版という事でお値段は税込み3129円とお買い得になっております。

なかなかこのシリーズは中毒性があるものでして、思い起こせば1をクリアした後、すぐに2を購入した記憶があります。その勢いで3にも手を出そうとしたのですが、ゲームボーイアドバンス用ソフトでしたからしばらく様子見をしていたんです(DSでも出来る事は出来るのですが、やっぱりDS版がいいなぁと・・・)。

そうこうしている内に最新作である4が出てしまいまして、結局そちらを先にプレイしてしまった訳です。個人的にはやはり順番にプレイしたかったのですが、まあ仕方が無いかなあと。どうも3は公式サイトの作りが他のシリーズよりも甘いというか、これ本当に公式なの?っていうくらいに情報が少なくて却ってやきもきしていたのですが、やっとこれで自分の目でその中身を見る事が出来るのですね。

発売までまだ二ヶ月ちょっとありますが、その間はコミックスでも読んで時を待とうかなと思います。実はいつの間にか漫画にもなっていたんですね・・・最新第2巻が明後日6日(水)発売との事ですので、後日Amazonさんか某書店で購入してみたいと思います。
posted by dai at 19:48| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月29日

DSで激烈応援!

いやぁ、BIG、見事に外れました・・・orz
あれだけあったキャリーオーバーがあっという間に無くなって、売り上げはいつも通り。今度のビッグチャンスはいつになるのでしょうか。当たった方はどんな面持ちなんでしょうかね。しかし、イーバンク経由で一人くらい当選者が出ても良いとは思うのですが・・・。

はい、今日はBIGでは無く、ニンテンドーDSの話題です。実は先日、いつもお世話になっているAmazonさんからおすすめメールが送られてきまして、DSソフトがピックアップされていたんですね。そのゲームとは「燃えろ!熱血リズム魂 押忍!闘え!応援団2」。

「2」という事は当然、前作もDSで発売されている事になる訳ですが、恥ずかしながら私、こういったソフトがある事を全く知りませんでした。それで色々調べてみたのですが、かなりDSの中でも傑作の部類に入る作品だという事が分かりまして、ちょっと購入してみようという流れになりました。

簡単にこのゲームについて説明しますと、いわゆる音ゲーです。タイトル通り昔懐かしの応援団が出て参りまして困っている人を応援して助ける、というコンセプトでございます。そしてDSという事でタッチペンをフルに使いまして画面上のマーカーを流れる音楽に合わせてタッチしていくと。

それで早速購入!といきたかったのですが、何とAmazonは早くも品切れ状態。そこで「1」の方を購入致しました。そんなこんなで一昨日あたりからプレイしているのですが、いや〜こんな面白いゲームがあったんですね〜。本当に応援団が困っている人を応援するだけなんですよ。基本的に。ただ、何と言うのでしょうか、とにかくアツイです。ストーリーなんかも適度におばかなんですよ。なんですけど、アツイんですよ。不覚にも私、プレイ中に目が潤んでしまいましたよ。いや、もうホントに。

てな訳でこれまた自分の中で大ヒットですよ。これは面白い!!DSをお持ちの方に是非推奨したいと思います。一台に一本って感じです。ちなみにゲームの性質上、画面をタッチしまくりますので、プレイ時には保護フィルムを忘れずに。

これに気を良くして早速「2」を注文しようとしましたがかなりの人気らしく、1〜2週間待ちとの予定だそうです。入荷までの間にがっつりやり込みたいと思います。
posted by dai at 19:39| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月16日

ネット難民。

いやぁ、参りましたね。昨日の午後6時40分過ぎでしたか。私ちょうど某オンラインゲームをやっておりまして、レベル上げに勤しんでいた訳でありますが、突然キャラが動かなくなりましてね、そして突然「サーバーとの接続が切れました」との画面。

まあちょくちょくある事ですから、それほど気にもせず、別のサイトを開いてみたのですが、全く繋がらない。ネットそのものが繋がらなくなってしまったんですね。まあこれもちょくちょくある事ですから、ルーターを再起動し、パソコンを再起動し、再びサイトに接続。

大体はこれで改善するはずなのですが、今回に限ってはそれもダメでした。そうしました所、一緒にゲームをしていた友人からの携帯メールが。それによりますと向こう側も接続が切れたとの事。そればかりか、ネットにも繋がらないという事。それまでは結構楽観的な気分でいたのですが、この時点で事の深刻さが分かった訳なんですね。

結局原因はNTT東日本の通信障害。一部テレビ番組ではニュース速報も流れていたらしいですね。特に被害はNTT東日本の管轄する地域で起こっており、239万件がこの障害を被ったという事です。

しかし、昨日の事を振り返ってみますと、本当最近はネットに依存しているんだなぁっていうのをひしひしと感じましたよ。繋がらなくなってから携帯に切り替えて色んな掲示板回って情報集めましたしね(笑)

結局復旧したのは午後10時過ぎだったと思うのですが、その間資格の勉強してました(笑)もうはかどってはかどってしょうがなかったですね。こうなればいっその事PCを取っ払って…てな事も頭をよぎりましたが、一方で企業などはかなりの損害を被った所もあるでしょうね。

そういった点から考えますと、今回のNTT東日本の障害はちょっとひどすぎたんじゃないかなっていう気もします。これくらい大きな所だったらバックアップの回線が常備してあるのでは?と思うのですが…。

まあもう済んだ事ですので今更ぐだぐだ言う気はありませんが、ネット社会の脆さというか、そんなものが明るみに出た一件だったと思います。インフラって、本当大事ですね。

ちなみに今回の障害で、ニューヨークで起きた大停電(アンビリバボーで見た記憶があります)を思い出したのは、私だけでしょうか?
posted by dai at 23:15| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月07日

Google、すごすぎ。

あなたは検索にどこのサイトを使ってますか?なんて聞かれたら皆さん「どこ」と答えますか?多分最近だと「Google」と答える方がかなりの割合を占めると思うのですが、如何でしょうか?

恥ずかしながらホント最近なんですけど、Googleって検索だけじゃないんだっていうのを実感しまして、遂に私、メールアドレスまで取得してしまいましたよ。何気にプロフの横のメアドも変更してみました(笑)

僕の中ではつい最近までポータルサイトといえば、Yahoo!でしたが、今は段々Googleに傾いて来ております。実はここもそういうサービスみたいなのをやっておりまして、ちょっと前までは「パーソナライズドホーム」と名前が付いていたのですが今日ログインしたら「iGoogle」になっておりました。iですよ、i。MacユーザーとしてはAppleとの蜜月もここまで!と勘ぐってしまいますね。でも実際後一ヶ月弱で発売されるiPhoneにはGoogle mapも付属しているようですし、ことさらまんざらでもないようなそうでもないような。

で、今はテーマを選択してあれこれやりくりしている最中なんですがまだしっくり来ないですね〜。上手く並び替えて自分好みのものに仕上げて行きたいと思います。これは使いこなせる人にとっては欠かせないツールになるんではないですか。
posted by dai at 23:22| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月01日

「逆転裁判4」感想。

予告通り、逆転裁判4をプレイしてみての感想を述べたいと思います。ただ、ネタバレ前提ですので追記形式で投稿したいと思います。いつも通りの駄文ですが、それでも良ければ続きをお読みくださいませ。そこだ!
ラベル:逆転裁判
posted by dai at 05:12| ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月30日

超近現代史。

GW前半も今日で終わりですね。七時のニュースを見ておりましたら高速道路の渋滞に関するニュースをやっておりました。この忙しなさが却ってノスタルジックな気分にさせるといいますか、そんな気分にさせますね。う〜ん。Nickelbackのアルバムが届いたので早速聞き込んでいるのですが、Somedayを聞きながら記事を作成している所為なんですかね。この曲、えらいカッコイイですね。ボーカルがハマリすぎです。

さてさて、また時系列が戻りますがそんな訳でニュースを見終わりましてテレビのチャンネルを適当にいじっておりましたが、久しぶりに面白い番組に当たりましたよ。日本テレビ系列なんですが、「20年大河バラエティ!超近現代史!さんま&所が解明!?人間は相変らずアホか?」という番組です。

簡単に言えばこの20年を振り返るというような感じなんですが、不思議と引き込まれてしまうものがあったように思う、みたいな。現在は幼少時に見たSF映画みたいに空を車と呼べるかどうかは分かりませんが、そんなモノが飛び交っている世界ではなく、基本的には何も変わってはいないのですが、確かに身の回りの生活は大きく変わりましたね。技術というものは確実に一歩一歩前進しているんですね。

最近はほとんどテレビ番組を見ないのですが、久しぶりに見ましたし、大いに笑いました。最後のあたり、特別ゲストでビートたけしが出てくるのですが、書を認める時にさんまに墨をかけていましたね。周りは明らかに引いてたっぽいですが、あの年でもああいう風に自由に動けるっていうのは凄く難しい事だと思うんですよね。一昔前のバラエティ番組などをふと、思い出しました。元気が出るテレビとか。そう言えば、番組中に元気が出るテレビのオープニング曲が着メロ調な感じで流れていたような気がします。もしかしてそういった番組に関わったスタッフが番組を作っているのかも知れないですね。

そんなちょっとノスタルジックな一日でしたとさ。
posted by dai at 23:44| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月29日

「異議あり!」on TV!

いやあ、GW、始まりましたね。黄金週間と書いてGW。何が黄金なのかよく分からないのですが、今年は一日と二日が平常営業ですのでまあ普通のGWって感じですね。上手く休みをとって九連休という方も多いのではないのでしょうか。まずはここで一休みですね。個人的にはもっと休んでもいいような気もしますけどね。ホント、この国の人は真面目な人ばっかりです。そこがいいんですけど。

さてさて、今日は発売から2週間で既にシリーズ最高の50万本を売り上げたという「逆転裁判4」についてです。公式サイトによりますと、5/1から「逆転裁判ミステリー劇場」なるものが放送されるそうです。これってつまりテレビドラマと解釈してよろしいのでしょうかね。オンエアスケジュールも合わせて掲載されていますが、どうもこれを見る限りは一時間だとかそういう通常のドラマ枠での放送ではなく、5分程度のミニドラマ調のものになることが予想されます。

残念ながらスケジュール以外目立った情報がありませんので、こちらは想像する事しか出来ないのですが、ナルホド君がそのまま出てくるのか?といった点も謎でございます。この「逆転裁判ミステリー劇場」は5/1(火)から問題編が放送されるそうです。僕が住んでいる北海道ではどうやら5/7(月)まで待たないといけない感じです。ちなみに解決編の方は公式サイトにて近日公開、との事。楽しみに待ちたいと思います。

そしてまた逆転裁判4に戻るのですが、50万本っていうのは凄いですね。勿論僕も購入しました。毎日少しずつ進めまして先日クリア致しました。やっぱりこのシリーズは面白いです。早速感想を述べたい所ですが、それはまた後日という事で(笑)
ラベル:逆転裁判
posted by dai at 19:34| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月25日

imacでwindows Vistaを動かしてみた。

我が家にやって来たNew imac、早くも大活躍です。G4からの乗り換えですが何をやるにも仕事が大変に早いですね。起動もあっという間ですよ。プログレスバーが追いつかないくらいの早さでファインダー画面が出てきますです。CPUが変わっただけでこんなにも変わるとは正直驚きです。

CPUにintelのチップを積んでいるという事は、windowsマシンとして使用出来る可能性があるという事らしいんですね。で、何とAppleがそれを可能にする純正ソフトを発表してしまいました。それがこのBoot Campです。アレですよ、最近通販番組でやたらと目にするあっちのブート・キャンプでは無いですよ(笑)

このBoot Campは次期OSとして発売が待たれるMac OS10.5 Leopardに組み込まれる予定の機能です。従って現在はパブリックベータという位置にあります。この記事を書いている時点でのバージョンは1.2です。この手のソフトはかつてのVirtual PCをはじめ、いくつかありましたが、それらはファインダー上で仮想的にwindowsを立ち上げる仕様でした。ところがこのBoot Campは完全にネイティブでwindowsが立ち上がるようです。つまり、まんまwinマシンとしてmacが使える、という事ですね。

で、せっかく最新のimacを購入致しましたし、そりゃあやってみないと、という事でBoot Camp、入れてみました。導入するOSは当初XPを予定しておりましたが、バージョン1.2からvistaに対応したという事でしたので、思い切ってvistaを買ってしまいました。ちなみにバージョンはhome premiumです。

まずはソフトをダウンロードします。ここからダウンロード。ディスクイメージからインストーラと設定ガイドという名のPDFファイルを取り出します。インストーラをダブルクリックしてBoot Campをインストールします。「Boot Campアシスタント」がユーティリティフォルダ内に作成されるはずです。

続いてインストール作業に移りますが、まずはmac本体のファームウェアをアップデートする必要があります。僕の場合は最新の様でしたので更新は必要ありませんでした。

ここまで終わったらBoot Campアシスタントを立ち上げ、いよいよwindows導入作業に入ります。最初にドライバディスクの作成を行うよう指示が出ます。手元にCD-Rを用意しておきます。設定ガイドにはCD-RまたはDVDとありましたが、CD-R一枚で収まる様です。あくまでも僕の場合ですが、多分CD-Rで十分なんでしょう。

ドライバディスクを作成後、windows用のパーティションを切る事になります。ここでファイル容量とファイルシステムに注意が必要です。32GB以下ですとFAT32というファイルシステムでパーティションを切る事が出来るそうです。この形式だとmacとファイルの読み書きが出来るという事です。一方、32GBより大きい容量ではNTFSファイルシステムでのパーティションになります。こちらはmacでファイルを読む事は出来るのですが、書き込みが出来ません。

ただ、これを可能にする方法がいくつかのブログで紹介されている様ですね。ちょっとややこしいみたいですが。気になる方は是非検索をしてみてください。すぐに出てきますよ。僕はとりあえずFAT32でいいかなあと言う事で32GB(デフォルトでこの設定になっています)で切ってみたのですが、NTFSになってました(笑)まあどっちでも構わないです。

そしていよいよwindowsのインストールに取りかかります。画面の指示に粛々と従ってディスクを入れてあげましょう。インストール完了後、先に作成したドライバディスクを入れる様指示がありますから、これも粛々と従います。

そして再起動を何回か繰り返した後、目の前にはwindowsの画面が広がっているはずです。これでインストール作業は終了。

実際に使用してみての感想ですが、本当windowsマシンっていう感じです。何から何までwindows。驚きです。OSを切り替えるのには再起動が必要ですが、やっぱりmac OSも普通に立ち上がる。imac一台でmacとwinが普通に立ち上がるんですよ!

これって凄い事ですよ。言わばこのimacは最新のCore2Duo搭載macであり、最新のCore2Duo搭載windowsマシンな訳です。単純に考えてPC二台分ですからね!Aeroもサクサク動きますよ〜。詳しい事はまた次回にしますが、大変に便利です。macで見れないGyaoなんかも普通に見れますし。アレですね、PCの購入で悩んでいる方、こういう選択肢も大アリだと思いますよ。

今日はここまで。次回は後日談について色々書いてみたいと思います。FFベンチマークもやってみました(笑)ちなみにこの記事、windowsの方から投稿しておりますです。
ラベル:iMac Boot Camp
posted by dai at 23:51| ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月24日

カルドセプトサーガで俺のターン!

最近やたらとゲームだとかギターだとかパソコンいじりだとかが面白くてついついどれかがおろそかになってしまいがちです。一日24時間なんて本当足りないですよね。だったら自転周期の長い太陽系惑星にでもお引っ越しをすれば良いのでしょうけど、色んな問題が生じますよね。

問題点その1:現実的に無理
そりゃ無理ですよね。小さい頃に学○研の本だとかで惑星の距離とかが載っていて、地球から別の惑星に行くのに新幹線換算で何十年〜何百年掛かるなんてのを見た事があります。人工衛星なんか使えばいいんでしょうけど、それでもかなりの時間が掛かるのでしょうね。

そして自転周期。実はこれ、wikipediaで調べてみたんですが僕も何か勘違いしてたみたいです。というのも公転周期は太陽から遠い惑星ほど長くなりまして、海王星では何と164年!!凄いですね・・・。で、それに付随して自転周期も長くなるんだろうなどと漠然と思っておりましたが、実はそうではなかったんです。何と木星以降の惑星は自転周期が地球よりも短いんです。こんなんじゃ仮に移住出来たとしても一日があっという間に過ぎてしまいますね。木星に至っては何と9時間55分!寝て起きたらもう一日経ってますよ!何という時間の無駄遣いでしょうか!

問題点その2:寿命的に無理
仮に自転周期の長い金星にお引っ越ししたとしましょう。金星の自転周期は何と243日!公転周期よりも(224日)長いんです!寝て起きてもまだ朝ですよ!何という時間の有意義な使い方でしょうか。こうなったら朝からバリバリ働けますね!まあ細かいツッコミは置いておきまして、確かに時間は有意義に使えるでしょう。しかしヒトの寿命なんて80年ほど。絶対的な時間は変わらないんですよね。気分が変わってくるだけで相対的には時間の長さが変わるんでしょうけど、絶対的にはやっぱり変わる事はあり得ません。相対性理論を用いたツッコミは置いておきますよ。

そんな訳で結局僕たちは時間というものを地球仕様にカスタマイズされている訳でして、うまーく限られた中でやりくりしないといけない訳です。昔テレビCMでも(ワイドショーの合間だったかな?)「時間を大切に」なんて呼びかけていましたね。

はい、前置きが非常に長くなりましたのでさっさと本題に移ります。今日は「カルドセプトサーガ」について少しお話を。これはXbox360のゲームの一つでして、バンダイナムコゲームスが去る4/5(木)に発売したものです。正確には去年の12月に発売されたのですが、あまりにもバグがありすぎてそれらを修正した「タイトルアップデート版」として4月に再発売されました。

実は今の今までこういったゲームがある事を知りませんで、存在を知ったのはこのバグに関する何かの記事がきっかけです。それから色々調べてみたのですが、かなりやり込めるゲームという事で凄く購買欲をそそられまして、例によってAmazonさんから購入致しました。内容は簡単に言えばボードゲームとカードゲームを組み合わせた感じでして、マジック・ザ・ギャザリングのようにカードデッキを組み立てて以下に戦略を練って相手を倒していくかという醍醐味が楽しめるゲームになっております。

早速プレイしてみたのですが、やっぱりグラフィックは奇麗ですね。で、気がつくとあれよあれよという間にバトルになりまして、勿論最初はチュートリアル付きなんですが、三回程敗北致しました。操作方法を教えてくれるお姫様から「あなたなら大丈夫!」なんて言われたのですが、いや、申し訳ない。そして四回目にしてようやく勝利致しました。バトルが終わると報酬としてカードをゲット。ここから自分のデッキを本格的に組み立てられるようになるらしいです。これだけでも面白いのですが、プラスボードゲームですからね。これはかなりやり込めるゲームになると思いますよ。まだ数回しかプレイ出来ておりませんが、頑張ってオンラインデビューしたいと思います。

しっかし、最近ゲームばっかりですね。ああ、テストドライブが欲しい、ラスベガスやりたい、レヴァナント・ウイングが欲しい、桃鉄DSが欲しい・・・あぁ、発売日が被ってる・・・ああ・・・。
ラベル:Xbox360
posted by dai at 23:05| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。